プロフィール

Image5

曽祖父、 HENDRIK  ADAM  SCHEUTEN 氏が、オランダから、横浜の港に来航したのは、明治初期の事でした。


日本が、長期にわたる鎖国政策に終止符を打ち、再び諸外国との貿易を始めるため,商権復興会談を行った時、外国側代表団の1員として、来日したのです。以来、日本女性と結婚し、横浜の外人墓地に眠るまで、多くの情報を日本にもたらし、わが国に貢献したと聞いています。
そのDNAは祖父から母へ、そして私にも受け継がれている事をずっと感じ続けてきました。


今や世界は、インターネットが広く日常的に使用できる環境になってボーダーレスとなり、在日外国人の数も増え、日本人がビジネスや旅行で、海外に行く事は、ごく普通になりました。しかしいまだに、異文化の軋轢が、あちこちで起こっていることは否めません。異なる環境の中で生まれ育ち、教育を受ければ、異なる考え方や、発想を持つのは自然な事です。お互いが、良い悪いではなく、違うのだということを知ることにより、理解しようと努力し、思いやりの気持ちを持てたら・・・小さな所からそんなメッセージを発していきたい、ICCはそのスタート地点でした。

参加して頂いた会員の皆様と、語学レッスンや交流イベントを通じて共有させて頂いた10年という時間は、ライフワークを実践しているという充実感を感じさせて頂きました。かかわって頂いた方々には、感謝の気持ちでいっぱいです。

今、ネットの中で、<ANGELICAのサロン>として、共振して頂ける仲間の交流の場所を、新規にスタートします。

ライスワーク(生活の為の仕事)から、ライフワーク(人生を通してやりたい事)、そして、ライヴワーク(わくわくする事)の段階に、一緒にシフトしていきたいですね。

そして、この地球を一緒に旅する日がきたら嬉しく思います。コミュニティへの参加をお待ちしています。

 

KIF_036 christmas 2004

Angelica 杉田 光子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です